あみの中国語ブログのライバル、多言語ブログです。目指せ40ヶ国語マルチリンガル! byあみ


by ami2026k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

多言語同時学習について

この前HP用に書きかけてた文章、まだ途中だけどここに載せておきます。
多言語学習について。いろんな言語に手を出すと浅く広くなってしまって、うまくいかないんじゃないかって考える人もいると思う。でも言語っていろんな繋がりを持ってるので、あながち不利でもない。例えばイタリア語とスペイン語なんて世界で一番似ている言語っていわれるくらい共通点が多い。単語や文法も似てるのが多いので、一緒に覚えればそんなに苦労しない。(ただどっちがどっちだか分からなくなったときがあったので注意。)イタリア語、スペイン語自体も単語を中心として英語と似ているところがあるので、そういった部分においては覚えやすい。中国語と日本語は同じ漢字で同じ意味の漢字もあるし、韓国語と日本語にも似たような発音や同じ発音が多い。もちろん韓国語と中国語だって、同じ意味で同じ発音の言葉も多い。韓国語は日本語と文法構造が近いし、中国語はどちらかというと英語に文法が似てる。私が勉強した言語を例に挙げて言ったのでほんの一部なんだけど、こんな風にいろんなところで繋がってるので、有利になる部分だって多いと思う。三ヶ国語目あたりから、言語を学ぶコツみたいなものがつかめて来ると思うし。あとは母語。翻訳とか通訳作業をしてると、たまに自分の日本語の乏しさを実感するけど。母語がきちんと使いこなせないと、外国語も使いこなす事は出来ない。逆に言うなら、母語(この場合日本語)が使えるのなら、外国語だって絶対に使えるようになるってこと。
[PR]
by ami2026k | 2005-07-16 19:44 | 多言語・その他