あみの中国語ブログのライバル、多言語ブログです。目指せ40ヶ国語マルチリンガル! byあみ


by ami2026k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NHK「3か月トピック英会話」「スペイン語会話」 「旅するタイ語」

大抵夜はNHKの語学講座見てるんだけど、昨日の夜は「3か月トピック英会話」「スペイン語会話」 「語楽紀行・旅するタイ語」の三つ。今までこのことについて書いてなかったから、今更の話になるかもしれませんが・・・。

「3か月トピック英会話」は、なかなかお勧めの番組なのですよ。なんてったって先生がいいし、7月からのテーマが「ハートで感じる英文法」。今回は、導くthatのキモチ、ということでTHATを入れるか入れないか、などでしたがネイティヴの感覚が分かった感じです^^

「スペイン語会話」は昔から語学講座の中でも上級者向けだった。ほとんどずっとスペイン語で喋って日本語字幕だったし、今みたいな「初心者の生徒と一緒に勉強していく」といった流れにもしばらく屈してたし(笑)いや~、でも4月に笑い飯(誰かよく知らんかったし)が出てたときには驚きました。キーフレーズでコントとかやってるしー!笑い飯ファンはこの番組も見てるのかな?^^でも後半は中級向けで、なんか昔を思い出す感じ。牛追い祭りガウチョについて特集してました。Entendeis?(スペイン)/Entienden?(ラテンアメリカ)のように、同じスペイン語でも変化するのになるほど~と思いました。

「語楽紀行・旅するタイ語」は、実は最近よく見てるんですよ。実は最近韓国語をサボりがちなんですが、マイブームがタイ語!いやー。あの中国語よりも複雑(に思える)発音と声調にココロくすぐられます。文字もくねくねしてて挑戦しがいがあります。でも今回が最終回。次回から「バリ・インドネシア語」に変わるそうです。ちょっと残念なのだー。

いっつも思うんだけど、最近語学講座の先生がネイティヴに変わってる気がする。だったら日本語じゃなくて、それぞれの言語で最初から最後まで喋って、それに字幕つけたらいいと思うんだけど。例えばスペイン語でスペイン語を学んだりとか、中国語で中国語を学んだりとか、思ってるよりも難しくないことだと思う。せっかくその言語に触れられる機会なんだから、めいっぱい耳のシャワー的な感じに、その言語を聞かせて欲しいなぁと思うわけですよ。でも視聴者に媚びるというか、バラエティー色が強くなった昨今のNHK語学講座の風潮の中、やっぱりこういうのは難しいんだろうな。5分短くなったのも納得いかない。でもこんなん言いつつずっと見てるんだろうなぁ。むむむ。
[PR]
by ami2026k | 2005-07-22 07:00 | NHK語学講座/study